2017.10.03更新

毎朝1時間朝礼を始めて1年が経ちました。1時間朝礼を始めたキッカケは昨年テラ・ルネッサンスの鬼丸さんに誘っていただいて訪問勉強会に参加した西精工さん。

 

 

西精工さんを訪れて会社のみなさんの素晴らしさに感動し、こんなに素晴らしい人がたくさんいる会社になる原点が朝礼にあるということを見せてもらいました。西精工さんの1時間朝礼は、業務の申し送りなど一般的な朝礼とは違い、人間力を高めることに使われています。それを9年間も積み重ねた結果が今の会社でしかもずっと積み重ね中。

 

 

西社長が話されていた『大事なことにちゃんと時間を使う』という言葉が一番印象に残り、まずは会社に帰ってそこからだなと決めて朝礼を始めました。

 

 

今年4月には実践塾のメンバーと一緒に社員も全員連れていって本物を共有させてもらい、毎日紆余曲折を経ながら1年が経過しました。1年やってみて『成長するってこういうことか』をすごく実感させてもらっています。人前で話すのが苦手な人が堂々と話すようになったり、厳しい意見でも言い合えるようになってきたり、色んな立場で物事を考えられるようになったりしています。仕事だけでなく1人ひとりの人生にすごくいい影響が出てるなーと感じます。

 

 

これからも積み重ねていきます。数年後どうなってるのか楽しみ^^

 

 

≪西精工さんから学んだ時のブログ記事≫

ベンチマーク勉強会に参加して H29.4

西社長から学ぶ『本気』と『愛情』 H28.10

一番根っこ H28.9

西精工さんで訪問勉強会 H28.9

 

1

投稿者: 中田俊

2017.09.27更新

1

 

社員のひとりが家出して2週間。制度は2ヶ月なのでもう4分の1が過ぎました。2ヶ月ってあっという間ですね。

 

 

このブログを見ていただいている方から「家出してどうなってんの?」「なんで始めたの?」「代わりの人は入社したの?」などなど聞いてくださってありがとうございます。詳しい事を書いてなかったので書きたいと思います^^

 

 

〇家出制度の概要

 

家出期間は2ヶ月間。その間は会社に来てはいけないことになっていて、2ヶ月経った時点で戻ってくるか退職するかを選べるようになっています。終わった後に学びや気づきをレポートしてもらうことになっています。給与はノーワークなので発生しません。家出するにあたって一緒に働くメンバーの同意が必要。

 

今の体制では、複数人が同時に家出するのは難しいので家出したい人が複数いる場合はこれまでの家出回数が少ない人優先。同じ回数の場合はじゃんけんで決める。

 

〇そもそも何で始めたのか?

 

今ひとりひとりのミッションステートメントづくりをしていて、自分がこれからどう生きていきたいのかを社内でみんな考えています。そのなかで自分を見つめ直す時間や、普段仕事をしているとなかなかできないことをやってみたいという意見があり、じゃあ一時的に仕事に来ない制度をつくろうとなりました。

 

〇家出してどうなってるの?

 

出て行った人とは連絡をとってないのでわかりません(笑)。自身を振り返るとなんちゃって大学生をしていた頃や、起業したばかりの頃はこれからどんな風に生きていきたいのかよく考えてました。その期間は5年以上はありそう(笑)。と思うと、2ヶ月くらい自分を見つめ直してこの先が充実したものになるのならすごく有意義な時間かなと。仕事、育児などを始めるとそういった時間ってなかなか取れないですし。

 

社内では代わりの人は入っていないので、どうやってその穴を埋めるかを日々話し合っています。昨年ノー残業を始めたときはトップダウンですることを決めましたが今回の家出制度はみんなの同意によって始まっています。自分たちが決めた事にどう向き合いどう動いていくか問われる日々が続いています。

 

仕事を1人で背負い込もうとしたり、同意はしたけど自ら動こうとはしなかったり、言葉は出るけど具体的な行動やアイデアはないなど、人によって仕事に対する姿勢が見えてきて面白いですね。どう考え、動くことが理念に沿っているか。毎日話し合うことで視野が広がってみんなの成長に繋がりそうな感じがすごくしています。

 

 

ということで今のところは色んなメリットを感じているところです。また思うところがあれば書きたいと思います^^

 

 

投稿者: 中田俊

2017.09.22更新

先日ガイアの夜明けにも出演された和えるの矢島里佳さんの話を2日続けて聞く機会に恵まれました。1日目はウエダ本社の岡村さんとの対談『これからの働き方を考える』。2日目は人が輝く会社づくり実践塾にゲストで来ていただいて寛司さんと対談。

 

1

 

 

日本の伝統を次世代につなぐ仕組みを創出している和えるくん(和えるのみなさんは会社のことを和えるくんと呼びます)。創業者の矢島里佳さんはお母さん。一緒に働くみなさんはお兄さん、お姉さん。和えるくんは現在6歳。

 

 

2

 

3

 

 

矢島さんの小さい頃から現在に至るまでの話を聞かせてもらいながら、自分の感じたことを素直にそのまま具現化してるんだなと強く感じました。それを実現するための冷静な分析力や行動力は素晴らしいの一言。そしてその生き方が和えるくんで一緒に働くみなさんにも伝わっていて常に自ら考えたり、行動する姿勢を感じることができました。

 

 

やっぱりリーダーが見本になってはじめて伝わっていくんだなというのを改めて考えさせてもらえた時間になりました。和えるの京都店はすぐ近くなので来週お店の雰囲気を感じてこようと思います。素敵なご縁をありがとうございます^^

 

 

投稿者: 中田俊

2017.09.16更新

先日参加した探究学習コンソーシアムのご縁で堀川高校の生徒さんの中間発表会(SSH中間報告会)に参加。

 

 

堀川高校では『自立する18歳の育成』を目標に、主体性・個性を伸ばす探究活動に取り組まれています。今日はその中間発表会でした。生徒ひとりひとりが自分のテーマについて探求してきた事を発表。何人かの生徒さんに質問してみるとちゃんと受け止めてしっかり自分の言葉で返答がかえってきました。何より目の輝きが素晴らしかったです^^

 

 

発表会後は先生方から堀川高校が目指す姿や探究活動の成果、課題などを聞かせていただきました。生徒のやりたいことを引き出し、やってみて、対話を通して失敗に向き合い、自分自身が経験した事や身についた力を振り返り自覚し次に活かしていく。

 

 

言うは易し。行うは難し。めちゃくちゃしんどいなかで生徒は成長していくと先生はおっしゃってましたが、寄り添う先生も相当の覚悟を持って取り組まれていてめちゃくちゃしんどいでしょう。しんどいけど楽しそうなのはいい会社で感じる雰囲気と同じですね^^

 

 

学校でも職場でもこういう素敵な雰囲気の場が増やしていかないといけませんね。高校生の素敵な発表にとても刺激をもらえました。ありがとうございます!

 

1

 

投稿者: 中田俊

2017.09.15更新

来年はじめる『とびら』(学び場)で使う家具について打ち合わせ。やってみるがテーマの学び場なので、使う家具も大人も子どもも関係なくみんなで作ってみようということになり南丹市にある京都匠塾さんにお邪魔してきました。

 

 

1

 

 

自分たちの作った椅子を『とびら』に置くことで、使う人と作る人が繋がり自分の活動が誰かの役に立っていると実感できる。ものづくりや仕事の原点を感じられる機会がつくれそうです。

 

 

自分にも子どもにも色んな体験をさせてあげたいので今から作りにいくのが楽しみです^^

 

 

2

 

 

職人さんの話は知らない世界を見せてもらえてとても興味深い!!普段使っている家具もすごく考えられて作られてることを教えてもらいました^^ありがとうございます!

投稿者: 中田俊

2017.09.12更新

先月つくった家出制度を使って明日から社員が1人家出します。


期間は2ヶ月。戻ってくるのかそのまま出て行くのかわかりませんけど色んな事を考える期間になるんでしょうね、出て行く人も残る人も。2ヶ月でみんなにどんな変化が起こるのか楽しみたいと思います^^

 

 

1

 

さて誰が家出するでしょうか??

投稿者: 中田俊

2017.09.10更新

いい会社に投資する投信信託『結い2101』を販売されている鎌倉投信さんの受益者総会に参加してきました。お出迎えはデロリアン^^

 

1

2

3

4

今年は『匠』がテーマ。製造業を中心に素晴らしい会社の経営者の方々から事業や生きるうえで大切にしていることを聞かせていただきました。

 

 

実績ではなく信念で選べるか。自分がどれだけ人を信頼するか。それがミラーとなって返ってくるだけ。最後は人と人との信頼関係。挑戦するリスクと挑戦しないリスクを考える。という言葉がとても印象に残っています。

 

 

単に投信信託を買って利益を出すという関係をはるかに超越した価値を感じさせてくれ、いつもたくさんの学びやご縁をいただいてる鎌倉投信さんに感謝です^^これから始める学び場にもとても勉強になりました。

 

投稿者: 中田俊

2017.09.09更新

ザンビアに行くキッカケをつくってくださった日新堂印刷さんと久しぶりのエコ名刺交流会in京都を開催。

 

 

1

 

ほんの数年前まで水道、電気、ガス。何もインフラのない荒原だった場所からできたバナナペーパー工場をはじめ、アフリカの大自然、動物たち、貧困の村の人たち。色んな所を訪れて色んな事を学び、地球全体が抱えている課題や先進国としての役割、バナナペーパーが作っている循環について感じた事をシェア。

 

 

世界中が繋がっていて自分の選択が影響を及ぼしている。ザンビアに行ってその実感がすごくわきました。仕事でも消費でも自分の選択を意識しないといけない気持ちがとても強くなりました。なんとなく選択していることがたくさんあるなあと。

 

 

自分が意識して選択して行く事は前提として、1人でできることは限られているのでバナナペーパーを通してみんなで考え、やってみる場をこれからつくっていこうと思います。

 

2

3

4

 

おみやげは一枚2ドルのバナナペーパーブックマーク。1日1ドルほどの生活をしている貧困の村の方にとっては貴重な収入源。

 

1

投稿者: 中田俊

2017.09.07更新

7月にザンビアにあるバナナペーパー工場を見学に行き、初めてSDGsという目標の存在を知りました。帰国してテラ・ルネッサンスの鬼丸さんとSDGsの話をしていたらすごくわかりやすいゲームがあるよと教えてもらい、早速東京から森本菜都美さんに来ていただいてカードゲームを体感。

 

 

1

 

 

平日のお昼間にもかかわらずたくさんの方が来てくださって盛り上がりました。さて、ゲームの内容はというとお金や時間を使ってチームがそれぞれ色んな活動をし、チームごとの目標達成を目指します。活動の結果、経済や環境、社会にさまざまな影響が出ます。

 

 

途中、いったん間を取り状況を確認すると経済は著しく発展し、環境や社会は・・・。世の縮図かと思いました(笑)後半は全てのチームの目標達成をみんなで考えたり、環境や社会に良いことをする活動が増え、最終的には個々のチームが目標を達成しつつ、持続可能な社会もできるという結果になりました。

 

 

3

2

 

 

ゲームの後、みなさんと感想をシェアしてたくさんの気づきをいただきました。

 

 

〇自分の目標に集中すると周りがまったく見えなくなる

〇自分の目標を達成すると余った分をあげると嬉しい気分になる(⇒自分の中に目標というか十分ラインを持っていないと欲が無限になってしまうことにも繋がる)

〇いったん立ち止まって、選択する前によく考えること(なんとなく、楽、便利な選択が世界に色んな影響を及ぼす)

 

 

誰かの意見を鵜呑みにしたり、近いからといった楽な選択をするのではなく、自分で調べたり、足を運んだりして考えて選ぶことはしんどく面倒くさいことかもしれませんがそれでもそうすることが大切と再認識させてもらえたゲームでした。参加くださったみなさん、森本さんありがとうございました^^

 

 

とても学びが深く面白かったのでまた開催したいと思います。

投稿者: 中田俊

2017.09.05更新

週末は京都市ソーシャルイノベーション研究所主催のイノベーション・キュレーター塾に参加。様々な年代・職業の方が集まり、社会的課題の解決や課題を生まない社会を目指して主体的に動く人を育成する塾です。

 

 

すごく近くで開催してたのにこれまで全然知らず。。FBで偶然見かけて参加できてラッキーでした。これから1年間ご一緒させていただくのを楽しみにしています!

 

 

感じたことをどんどん自分や会社の行動に落とし込んでいこうと思います^^

 

1

投稿者: 中田俊

前へ 前へ