2018.02.16更新

先週は地雷除去や戦争で傷ついた元子ども兵のサポートを行う認定NPO法人テラ・ルネッサンスの社員さんとうちのメンバーで合同の1時間朝礼とミーティングを行いました。

 

 

異なる視点が入る効果やいつもと違った緊張感もあり、とても有意義な時間になりました。これから持続可能な社会づくりに会社でどう関わっていくかを考えていくときにテラ・ルネッサンスさんのような社会課題に向き合う会社と一緒に考える時間を持てることは一般企業にとってはとてもありがたい機会になるな〜と感じました。

 

 

これまでの寄付という支援の形以外にも、様々な形を作っていくイメージができた時間になりました。これを2社でするのはもったいないので色んな会社で混ざる機会を作ろうと思います。

 

 

写真はうちの社員のなみへいが目指している時間と場所を選ばない働き方についてアイデア出しをしている様子です^^ テラ・ルネッサンスのみなさんありがとうございました!

 

1

2

投稿者: 中田俊

2018.02.04更新

聴覚障がいを強みに変えて聴覚障がいを持つ方の活躍する場をつくっているサイレントボイスさんとDENSHINを共催。

 


講師は聴覚障がいを持つかおりん先生。

 

1

 

耳栓をして、言葉を話したり書いたりせずに無音状態での意思疎通が始まります。そうするとどうなるか?

 


普段自分がどれだけ便利な言葉に頼って伝えようという気持ちが足りなかったかすぐに気づきます。伝えることを諦めたくなります(笑)便利なツールに囲まれる現代は大事なことが見えにくいなとDENSHINを受講するといつも感じさせてもらえます。

 


そしてもう一つ。

 


無音空間なので言葉は飛び交わないんですが参加者の皆さんの距離感がどんどん縮まっていくのをすぐに感じることができます。

 


いい会社に行くといつも感じる一人一人の距離の近さ。雰囲気の良さ。ここに繋がっていく取り組みだなと改めて感じました。

 

 

2 

3

6

4

 

最後に。今回の研修は企画から運営まで社員のなっちゃんがしました。サイレントボイスの活動をもっと伝えたいという彼女の思いから始まって数ヶ月前から準備スタート。当日はとても一体感のある場になっていてカメラマンしながら感動してました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました^_^

 

5

 

投稿者: 中田俊

2018.01.31更新

今年最初の寛司さん塾。ゲストはカンボジアで貧困支援、特に女性や子どもたちのの就労・教育支援を行っているNPO法人GLOBE  JUNGLEの加藤南美さん。

 

 

言葉が話せずコピー1枚取れない。支援したくても現地の人に信用してもらえない。知り合いもいない。お金もない。できない理由を探せばいつでも見つけられる。そんな状態からのスタート。昨年の秋にカンボジアを訪れて、7年で彼女が現実にしてきたことを体感してきましたが改めてその素晴らしさに感動しました(カンボジアを訪れた時の記事。『はじまりは想いだけ』)。

 

 

電気も水道もなかった村には井戸や学校ができ、読み書きや日本語教育が行われ、女性の働く場所ができています。そこにいたるまでの彼女のぶれない信念や諦めない行動に感動して、普段の小さな悩み事が吹っ飛んだ人多数(笑)身近に素晴らしい人がいると、基準が上がっていつでもまだまだと思えてありがたいですね。本物に触れ続ける。本当に大事なことだなと実感します。

 

 

彼女の想いから始まってどれだけ素晴らしい価値を生み出しているかを現地に行くともっと感じられるので、またカンボジアにも行きたいと思います。

 

 

PS

カンボジアのみなさん、サプライズムービー大成功でした!ありがとうございます^^

 

 

1

2

3

 

<お知らせ>今月で5期も終了。3月からは6期がスタートします^^

 

 

3

投稿者: 中田俊

2018.01.24更新

年末に社員のみんなが発表したミッションステートメントをどう実現していくのか。年が明け本格的に動き出しました。

 


現状や周りの都合、できない理由は置いといてまずはそれぞれが好きなことを言えるようになったのが個人としても組織としてもすごく大きな成長だな~と感じています。

 


発表の準備をする過程で話してる時からみんなの希望を重ね合わせていくのは相当ハードル高いなと覚悟はしてましたけど、大風呂敷を広げるだけ広げてみて大混乱が起きています(笑)

 


どんな立場にいても、会社でも個人でも色んな制約条件はなくならない。そのなかでどうすれば自己実現できるのか。同僚や社会に応援してもらえるのか。

 


本質的な課題は全部同じところに繋がってると感じ始めてるのをみんなの日誌から読み取れます。そこに真摯に向き合って取り組めば何年後かには面白い景色が見えてるような気がします。乞うご期待!

 

 

年末のミッションステートメント発表会のブログはこちら

 

1

投稿者: 中田俊

2018.01.05更新

事業の拡大と社内の成長が乖離するといろいろ上手く回らないな~と感じ、ここ数年は拡大をやめてみんなの成長に徹底的に向き合おうと取り組んできました。去年はその芽が出てきたことをすごく感じる一年でした。

 

 

年末にデータを見ていると、みんなの勤務時間が大きく減っている!!2016年の6月からノー残業制度を始め、去年は1年間通しての挑戦でした。結果は・・・

 

 

2016年⇒2017年の残業時間

〇300時間37分⇒86時間14分

〇271時間48分⇒42時間46分

〇312時間08分⇒81時間22分

 

 

と概ね220時間残業が減りました。毎朝の1時間朝礼をはじめ、成長に資する時間を毎日1時間以上とってますので実質業務にあたっている時間はどんどん減ってるにもかかわらずの結果です。みんなの成長がここでも証明されてました^^

 

 

今年はミッションステートメント発表会で出た取組みや学び場『とびら』のOPENに向けて頑張っていきます。今年もよろしくお願いします^^

投稿者: 中田俊

2017.12.31更新

2017年はとても学びの多い1年だったので今、大事だなと感じていることを忘れないように書き留めとこっと。

 

 

◯大事なことにちゃんと時間を使う

 


自分1人が成長するためだけでなく、社員のみんなと一緒にいい会社を回り、そこで学ばせてもらったことをどんどん実践し始めた2016年を継続していく1年でした。日誌や毎日1時間朝礼、毎週の読書感想文、ノー残業など始めて1年以上が経ちました。

 

いい会社を訪れていつも感じる「安心安全な雰囲気」と「一人ひとりの素晴らしい人間性」。会社の中でこの2つを感じる時間が増えてきました。先日のミッションステートメントの発表会もまさにそんな時間でした。来年も引き続き積み重ねよう。

 


◯ゾウやキリンは喜んでる?

 


今年はこれまでと違う時間の使い方が多かった1年でした。淡路島で半年間ありがとう農法を学び、風の牧場で牛さんと、ザンビアやカンボジアではゾウやキリン、水道も電気もガスもない村の人たちと繋がることができました。普通に生きてると当たり前すぎて感じにくい幸せを感じることもできました。

 

事業でも生活でも、植物や動物、地球の裏側にいる子どもたちにとってどうか?自分の判断基準の幅がぐーんと広がりました。実際に会ってみる、行ってみることの大切さも改めて感じました。

 

1

2

3

 


◯とびらを開く

 


社員のみんなの成長に寄り添いながら可能性が開いていくのを見るのが好きなんだなーと改めて実感。来年は社内外、職業や年齢に関係なく可能性のとびらが開いていく場づくりに挑戦します。

 

「本物に出逢う」「生き方、働き方について考えてみる」「自ら、仲間と一緒にやってみる」この3つを大切に変化を楽しみたいと思います。

 


来年の今日はどんなこと書いてるか楽しみだなー^_^

投稿者: 中田俊

2017.12.28更新

昨日はミッションステートメントの発表会とランチ忘年会。社員のみんなとどんな生き方、働き方をしたいのかを半年かけて話し合い、それをミッションステートメントに落とし込んで発表を行いました。途中、家出する人もいたりでひと山、ふた山ありましたが(笑)無事、発表まで辿り着きました。

 

1

2

3

4

5

5

 

みんなが言いたい事を言える雰囲気と堂々と発表するみんなの姿に感動の時間でした^^会社の望む方向と、個人が望む生き方を出来るだけ重ね合わせることを目的に作り始めたんですが、みんなの発表を聞いてみるとバラバラすぎて重なるかどうかも不明です(笑)明確にはなったので来年はこれを重ね合わせていく取組みが始まります。

 

 

「新しい価値を作りたい」「在宅ワークで家族との時間を増やしたい」「自分の得意や好きを活かして複業したい」「資源の使い方をもっと考えたい」などなど。いろんなジャンルの発表があり、みんな入社した頃とは別人でした。来年の今頃はどんな感じになってるのか楽しみだなー^^

 

投稿者: 中田俊

2017.12.25更新

今日の朝礼は『知恵の場京都』に参加した「でんかのヤマグチ」山口社長の学びのシェアから始まり、自分の得意を活かして社内で新しい活動を始めるためにどう取り組んでいくかという内容でした。

 

 

遠くをみて、今からどんな取組みを始めるか。会社としてどんな付加価値をつくっていくか。「でんかのヤマグチ」の取組みはこれからを考えるにあたってとても学ぶところが多かったようです。貴重な機会をありがとうございました^^

 

 

1時間朝礼をはじめ、色んな取組みが積み重なって少しづつアウトプットできることが増えてきてるのが嬉しいですね。赤ちゃんと一緒に働くのは先駆けて始まってますが、来年はほかにも色々始まりそうで楽しみです^^

 

 

1

投稿者: 中田俊

2017.12.23更新

1

 

来年始める学び場『とびら』のミーティング。4月OPENに向けて工事や資金調達、クラウドファンディングなどなど打ち合わせが急ピッチで進んでいます。空間作りをみんなでワイワイやろうということで、KUMIKI PROJECTさんにサポートいただいて壁のホワイトボード塗りや床貼りをみんなでやります。工事の日程も大体決まって、いよいよ近づいてきたなーと赤ちゃん社員が申しております^^

 

2

3

 

■学び場『とびら』のコンセプトー可能性のとびらを開く

 

僕たちは「学び」を学校で何かを教えてもらうことではなく「人生を豊かにしてくれるもの」と定義していて、以下の3つを大切にしています。

〇本物に出逢う

〇生き方、働き方について考えてみる

〇自ら、仲間と一緒にやってみる

 

投稿者: 中田俊

2017.12.13更新

一昨日は今年最後の寛司さん塾。ゲストは静岡県浜松から長坂養蜂場のぶんぶんブラザーズ長坂善人社長にお越しいただきました。

 

1

2

 

人口14,000人の町にある長坂養蜂場は年間20万人以上が訪れ、リピーター続出の人気スポット。今はスタッフのみなさんの働く環境や成長に投資するため、営業時間をどんどん減らしたり広告もやめたりしているそうなんですが業績は落ちるどころか上がっている。

 

 

もちろん最初からそうだったわけではなく、主に7年前から経営理念づくりを始め様々な取組みをスタート。それらを積み重ねた結果、今がある。「ぬくもりある会社をつくりましょう」と経営理念にあるように心温まる出来事をたくさん紹介いただきました^^

 

 

7年前は今の状況とは程遠く、社員に発言させないトップダウン社長だったそうです。。今のお話されてる様子からは信じられないですね(笑)どうすればいい会社を作れるか。当時そればかり考えていたそうです。

 

 

諦めずに地道にコツコツいい会社を目指してうちも積み上げていこうと勇気をもらえた1日でした^^寛司さん塾は年明け1月で5期も終了。近々6期の日程も決まりそうです。日程早く教えてと連絡くださっているみなさま、今しばらくお待ちください^^

投稿者: 中田俊

前へ 前へ