2017.09.15更新

来年はじめる『とびら』(学び場)で使う家具について打ち合わせ。やってみるがテーマの学び場なので、使う家具も大人も子どもも関係なくみんなで作ってみようということになり南丹市にある京都匠塾さんにお邪魔してきました。

 

 

1

 

 

自分たちの作った椅子を『とびら』に置くことで、使う人と作る人が繋がり自分の活動が誰かの役に立っていると実感できる。ものづくりや仕事の原点を感じられる機会がつくれそうです。

 

 

自分にも子どもにも色んな体験をさせてあげたいので今から作りにいくのが楽しみです^^

 

 

2

 

 

職人さんの話は知らない世界を見せてもらえてとても興味深い!!普段使っている家具もすごく考えられて作られてることを教えてもらいました^^ありがとうございます!

投稿者: 中田俊