2017.09.09更新

ザンビアに行くキッカケをつくってくださった日新堂印刷さんと久しぶりのエコ名刺交流会in京都を開催。

 

 

1

 

ほんの数年前まで水道、電気、ガス。何もインフラのない荒原だった場所からできたバナナペーパー工場をはじめ、アフリカの大自然、動物たち、貧困の村の人たち。色んな所を訪れて色んな事を学び、地球全体が抱えている課題や先進国としての役割、バナナペーパーが作っている循環について感じた事をシェア。

 

 

世界中が繋がっていて自分の選択が影響を及ぼしている。ザンビアに行ってその実感がすごくわきました。仕事でも消費でも自分の選択を意識しないといけない気持ちがとても強くなりました。なんとなく選択していることがたくさんあるなあと。

 

 

自分が意識して選択して行く事は前提として、1人でできることは限られているのでバナナペーパーを通してみんなで考え、やってみる場をこれからつくっていこうと思います。

 

2

3

4

 

おみやげは一枚2ドルのバナナペーパーブックマーク。1日1ドルほどの生活をしている貧困の村の方にとっては貴重な収入源。

 

1

投稿者: 中田俊